小石原焼の歴史

小石原焼のルーツ

小石原焼の歴史は、当時、福岡県直方市にある鷹取山の麓にて焼かれていた高取焼から始まります。
1592年(元禄元年)、黒田長政が豊臣秀吉の命令で朝鮮出兵(文禄・慶長の役)した時に出会った陶工八山を日本に連れてきました。
1600年(慶長5年)黒田長政が関ヶ原の合戦の手柄により筑前国藩主になると、鞍手郡高取山麓(直方市)に最初の窯である永満寺宅間窯を開窯し、八山は姓を高取、名を八蔵と改め、初代高取八蔵重貞が誕生しました。
その後、2代藩主黒田忠之は小堀政一(遠州)と交流を深め、遠州好みの茶器を多く焼かせました。

小石原焼の誕生

さて、小石原焼の生い立ちは、高取八蔵の没後、1669年(寛文9年)に白旗山(飯塚市)から掛勤めで鼓釜床にきていた孫の八之丞が、
中野(大字小石原皿山)で陶土を見つけ移り住み、擂鉢や甕類を焼いたことに始まります。
その後、1682年(天和2年)に黒田藩三代藩主光之が肥前伊万里の陶工を招き、八之丞と共に大明(中国)の製法にならって磁器が作られます。
そして、その地に元々あった高取焼と出会い、小石原焼(当時は中野焼と呼ばれていました)が誕生します。

中野焼は一時途絶えたと言われていますが、享保年間の末(1729年頃)高取焼にならい再興され、磁器から陶器を作るようになりました。

「用の美」を確立した小石原焼

小石原焼の大きな転機があったのは、第2次世界大戦後です。
敗戦後の物資不足から、擂鉢、甕類などの荒物の需要が拡大しました。
そして1948年(昭和23年)に九州民芸協会が設立された頃から、九州における民芸運動が活発化し、
民芸陶器として小石原焼は広く消費者に受け入れられるようになりました。

1958年(昭和33年)にはブリュッセルで開かれた万国博覧会日本館第3部において、小石原焼がグランプリを受賞し、
「用の美」としての脚光を集めるようになりました。

愛され続ける生活の器

1975年(昭和50年)には、陶磁器として初めて通産省の「伝統的工芸品」に指定されました。
1983年(昭和58年)ごろからは、好景気で消費が拡大し、小石原焼は生産のピーク期を迎え、昭和35年ごろは9戸であった小石原焼窯元数は、
現在約50戸にまで増えました。

約350年前の江戸時代に起こった小石原焼は、「土と炎と技」が創り出す伝統を守りながら、
生活の器として愛され続けています。